RailSim

トップ > RailSim > RailSim II FAQ

RailSim II FAQ

質問に際しては、ここに同様のケースがないかをまず確認してください。一見ソフトウェアの不具合に思える挙動についても、技術的にやむを得ない場合があります。該当事項がリファレンスに記載されていないかどうか、確認してください。プラグイン定義ファイルの記述に関する質問は、必ず問題の定義ファイルを添付して送ってください。

Q. RailSim II が起動できない (2007/03/24)

DirectX 8.0 以上がインストールされているか確認してください。これがインストールされていないと動作しません。DirectX はマイクロソフトのホームページからダウンロードできます。インストールされている DirectX のバージョンを確認するには「ファイル名を指定して実行」で "dxdiag" を実行してください。まだ動かない場合は、グラフィック関係のドライバを最新のものに更新してみるなどしてください。詳細はパソコンやビデオボードのマニュアルやサポートを参照して下さい。

2012/06/16 追記: フルスクリーンモードでは起動しない場合があるようです。ウィンドウモードで起動してみてください。ウィンドウモードで起動するには、RailSim2.exe へのショートカットを作成し、リンク先に

"C:\Program Files (x86)\RailSim2\RailSim2.exe" -win

のように -win を追加してください。

Q. 影が表示されない (2007/03/24)

影の表示にはステンシルバッファを使用します。ビデオカードがステンシルバッファに対応していなければ影機能は使用できません。色数を 16 bit などに設定されていると影が使用できない場合もありますので、32 bit にして試してみてください。

Q. 影の表示がおかしい (2007/03/24)

カメラが影の中に進入した場合、つまり視点と光源の間に物体が存在するような場合、画面全体の影の表示がおかしくなります。これは影の描画方式の仕様ですので、影の中にカメラが入らないようにするか、影を OFF にするなどしてください。また、カメラが影の中に入っていなくても、視野角が狭すぎたり、カメラの角度によっては物体と影の間にノイズのようなものが表示されることがあります。これはハードウェア性能の限界によるものですので、ノイズが生じないようにカメラの角度を調整するなどしてください。

Q. 文字が表示されない (2007/03/29)

Voodoo 系ビデオボードで文字が表示されない場合、"-voodoo" コマンドラインオプションを使用してみてください。詳しくは、リファレンスのサポートページ、コマンドラインオプションについての項目をご覧ください。

Q. 構文エラーが出る (2007/03/29)

プラグインの読込中に構文エラーが発生する場合、定義ファイルの記述に誤りがあります。リファレンスで正しい書き方を確認してください。それでも原因が分からない場合は、お気軽にメールにてご質問ください。その際、必ず問題の定義ファイルを添付し、構文エラーが発生した行番号をお知らせください。

設定ファイルやレイアウトデータの読込中に構文エラーが発生した場合、ソフトウェアのバグである可能性があります。お手数ですが問題のファイルを添付の上、ご報告ください。また、下にある『「○○=-1.#QNAN0;」のような構文エラーが発生する』の項目もお読みください。

Q. ワープ接続の方法がわからない (2007/04/06)

線路編集モードでワープ接続を選択し、接続したい 2 点をクリックします。異なるシーン間でワープを接続したい場合、シーン切替のショートカットキー Ctrl + ↑↓ が便利です。

Q. 高架線路の設置方法がわからない (2007/07/10)

高架線路を設置するためには、まず線路設置モードの設定パネルから「高架」にチェックを入れる必要があります。その上で、建設モードにおいて Shift キーを押しながらマウスを前後に動かすと、線路の設置高度を変更することができます。

Q. プラグインビューア機能への関連付け (2007/07/10)

RailSim II のプラグインビューア機能にテキストファイル (*.txt) を関連付けるためには、Windows XP の場合、エクスプローラから、

[ツール] - [フォルダオプション] - [ファイルの種類]

から拡張子 TXT を選び、[詳細設定] の [アクション] に「RS2 で開く」というようなコマンドを追加します。このとき、例えば RailSim2.exe のフルパスが

"C:\Program Files\RailSim2\RailSim2.exe"

であったとすると、「アクションを実行するアプリケーション」の部分に

"C:\Program Files\RailSim2\RailSim2.exe" "%1"

と指定します。これにより、テキストファイルの右クリックメニューに「RS2で開く」というコマンドが追加され、ドラッグ&ドロップ操作なしにプラグインビューア機能を使用することができるようになります。"%1" の後ろに -voodoo 等のオプションを付加することもできます。

Q. Windows Vista でスクリーンショット撮影に失敗する (2007/10/08)

Windows Aero 機能を使用していると、スクリーンショット撮影に不具合が出ることがあるようです。回避策としては、Print Screen キーによる撮影を試みていただくか、Aero 機能を一時的に無効にしてください。

Q. 「○○=-1.#QNAN0;」のような構文エラーが発生する (2008/01/28)

数値計算上の不具合によりこのような問題が発生する場合があります。レイアウトデータをメモ帳等で開き、「#QNAN0」のような部分を「000000」と書き換えていただくと、再び利用できるようになる可能性があります。

Copyright (C) 1998-2016 インターネット停留所